無くなっては困るようなお金で投資はしないこと。余裕の資金でこそ冷静な判断で冷静な投資を行うことができるのです。負けてはならないという切羽詰まった投資では、気持ちに余裕がない為にミスを犯しやすくなります。そこまでして投資をする必要はありません。

月は欠ける
丸いお月さまでも、やがて欠けます。どれだけ騰がっている相場でも、やがて下落へ転じます。逆も同じこと。今の状態が続くという楽観的な見方はせず、いつ変化するか分からないという緊張感を持っておくことが大切です。

木を見て森を見ず
目の前にある材料だけで判断してはいけません。その材料を取り巻くさまざまな環境に目を向けることが重要です。その為には、木に近づき過ぎないこと。少し離れることで全体を見る余裕が出るのです。

上手い人に付け
上手い人を見習って学習し、大きな進歩につなげましょう。独学も良いですが、失敗を数多く繰り返してきた先輩は大きな手本になること間違い無し。素直に頭を下げて学びましょう。上達すれば、教えて下さった方も喜んでくれます。

損せぬ人に儲けなし
損をすると利益を失いますが、適度な損は肥しになります。身に痛みを感じてこそ得られる部分もありますので、損も悪いことばかりではありません。大切なのは失敗を悔やんで忘れるのではなく、肥しとするべく反省して教訓とすること。

半分手仕舞い、リスク半減
投資しているものを半分に減らせば、リスクは半減します。投資金額を半分に減らせばリスク半減。1つの業種に2つの銘柄を投資していれば、それを1つにすることでリスク半減。危険を察知すれば半分手仕舞いです。

早耳の早倒れ
情報を得ることは大切ですが、早いと正確さに欠けることが多々あります。そんな情報よりも、皆が検証して相場に反映されてから動きだしても遅くはありません。騰がった時に買いそびれたと悔やむ必要はありません。下げて来た時に買えば良いだけのこと。

厳しい相場環境が技術を向上させる
相場環境が良ければ、何を買っても騰がります。しかし、相場環境が悪い中ではしっかりと検証をしないと勝つことができません。環境の悪さに悲観的になることなく、そこで勝つ技術を見つける努力を続けましょう。そこで得た力は必ず先で役立つはずです。

相場に卒業なし
相場は一生勉強です。どれだけ数をこなしても、どれだけ経験を積んでも、投資をする時は1から手順を踏まねばなりません。相場は常に前へ向かって進んでいますので、投資家も常に追いかけなければいけないのです。ナメてかかると大怪我します。

眠れる金額で勝負せよ
日本株に大きな影響を与える米国株。その動向が気になって夜も眠れない。明日の相場が気になって仕方がない。そんな時は、間違いなく大きな投資をしている時。明日にでも投資金額を減らしましょう。


相場格言  その@  そのA  そのC  そのD
いのち金には手をつけるべからず

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
相場格言 そのB