12日と26日の平滑平均を使用い、その差をMACDと呼びます。MACDの9日移動平均をシグナルと呼び、2本の線の水準とクロスの仕方から判断します。

MACDがシグナルにクロスした時が売買のシグナルです。
水準はゼロ以上でクロスが売りでゼロ以下で買いとなります。


注意点
計算する日数が同じでも、銘柄によって上昇が始まる前にサインが出たり、数日上昇が続いた後に出たりします。
銘柄によって適正な日数に変更する必要があるかもしれません。
素人投資家の挑戦へ戻る

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
テクニカル分析
【MACD】