例えば500円で買いたければ501円。5000円なら5010円といった具合に指値注文します。
逆に500円で売りたければ499円。5000円なら4990円です。

キリのよい500円や1000円、5000円といった数字は機関投資家が好みます。
よって、キリのよい値段には多くの注文が入っていますので、その1つ手前で指値注文していれば買える可能性は高くなります。(多くの注文が入っているところへ注文しても、前の注文全てが無くなるまで買い付けることはできません。)

「応用編」
例えば25日線と75日線が交わる部分が530円だった場合は、そこが大きな抵抗となりますからキリのよい500円ではなく530円に注文が多く入っているはずです。
この場合、本来なら531円で指値したいところですが、532円や533円ほどにまで注文が多く入っていることもあります。より確実に買い付けるのであれば3つ先の534円で注文を出すのも良い方法です。
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
さまざまな投資法
【1円安の指値注文】

素人投資家の挑戦へ戻る