ある本にバブル当時の新聞切抜きが紹介されていました。そのまま記載。


6年後の日経平均6万〜8万円台に

時価総額は1200兆円


「強気ならば八万千七百円、控えめにみても六万三千七百円」・・・・は六日、一九九五年末の日経平均株価についてこんな予想をまとめた。株価の動きを金利水準、通貨供給量、企業業績の三つで説明し、独自の方程式を入れてはじいた。東証第一部の時価総額も今の二倍強の千二百兆円を超えるバラ色の将来を描いている。

予想ではまず、一九六五年以降の日本の株式相場を、もっぱら企業業績の向上が株価を押し上げた。次に・・・・と・・・・とを十年ごとに区分した。次にそれぞれの時期にぴったり当てはまる方程式を作り、株価が論理的に動いていることを示したうえで、将来の姿を映し出した。・・・・


九五年末の日経平均は現在の二・三倍の八万千七百円になる
素人投資家の挑戦へ戻る

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
読み物
【恐怖の新聞】