【連結事業】

主要事業の売上構成比(売上全体に占める各事業の割合)のことで、売上構成比の高いものが収益の柱となる事業です。▲が付いているものは、その事業が赤字という意味になります。連結事業の横に書かれている「海外」に書かれている数字は、日本からの輸出や現地にある子会社の、生産・販売した売上の合計が全体の売上に占める比率を意味します。

社名などからイメージできる事業内容が柱ではなく、全く関係ない事業が会社の柱であったりします。イメージと柱が一致しないと悪いわけではありませんが、知っておくことは必要です。


【株主】

大株主上位10名と、持ち株数、持ち株比率を載せています。書かれている株主をみることで、会社がどの企業に属しているのか、どの会社の子会社なのか、または創業者一族の会社であるのかが分かります。

上位1〜3位までに会社の名前が載っている場合、その会社の業績など分かる範囲で調べておくことが大切です。特にダントツ1位で株主比率が高い場合、そこに位置する会社に何かがあれば大きく影響を受けることになります。良いほうならいいのですが、悪いほうへ影響を受ければたまりません。

新興企業では大株主が創業者や、その身内であったりすることが多いので、どういった人物なのかを調べる必要があります。創業者や身内の方針で会社の方向性が決まっていくパターンが多いのです。


【業績】

今期と来期の2期予想をしています。予想に書かれている数字から、今後の業績の上下を読み取ります。
売上高・・・販売される商品やサービス。収益の基本。
営業利益・・・本業の利益を表します。
経常利益・・・本業の利益の他に、金利負担なども考慮した利益。
利益・・・土地売却などの一時的な要素も考慮した利益。
1株益・・・1株あたりの利益。
1株配・・・1株あたりの配当額。
配当利回り・・・配当を株価で割ったもの。

基本は売上です。売上を伸ばさないことには、業績は上向きません。
次に利益の中で最も重要なのが営業利益です。経常利益には株式や土地売却といった一時的な利益が含まれますが、営業利益はそれらを含みません。本業の利益のみを表しているため、会社の本当の力がわかります。


【株主資本比率】

利益の蓄積が中心となります。この株主資本が企業全体の資産のうち、どのくらいの比率であるのかを示したのが、株主資本比率です。財務の健全性を表しているといえます。

一般的に高いほうが好ましいのですが、90%を超えるような場合、投資を抑え利益の蓄積を優先してきたとも考えられます。これは成長性が乏しいともとれるので少し注意が必要です。
逆に株主資本が資本金の額を下回ると債務超過となり、会社が危険な状態にあるといえます。債務超過が2年つづくと上場廃止となります。株主資本に▲が付いていれば、これにあたります。


【有利子負債】

どのような会社でも少しは借り入れがあり、事業の拡大には必要なものです。しかし売上高を超えるような場合は行き過ぎた借り入れといえます。

事業の拡大が目的であれば異常な借入金にはなりません。無理な借り入れが続く場合、経営が上手くいっていない等が考えられます。



【利益余剰金】

会社の利益から配当や賞与などを引いた利益を、利益余剰金として積み上げています。この数字が高くなると株主資本も高くなります。

利益余剰金が赤字なら、過去の利益で蓄積されたものが全てなくなったことを意味し、経営が厳しくなっていると考えられます。


【ROE、ROA】

ROEは株主資本をいかに効率よく使い、利益を上げたかを表します。
ROAは総資産に対し、どれだけの利益を上げているかを表します。

ROEは当期利益を株主資本で割ったもので、一般的に10%以上あれば優良会社といわれます。
ROAは当期利益を総資産で割ったもので、過剰設備などで資産が膨らんでいると低くなります。

注意が必要なのは、借入金が増加すると、株主資本は小さくなりROEは上昇します。その反対に利益が増加すると株主資本が拡大しROEは低下することを覚えておく必要があります。

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
会社四季報の読み方