市場関係者のコメントは、1日で180度変化する
「市場は落ち着いている」「いくらまでなら上昇余地がある」「底堅い」。。。書き出せばきりがありません。昨日に続いて本日も大幅高、これを見て悪くお話されるはずもなく仕方のないことだと思います。しかし、個人投資家は「そういった理由で上昇したのか」という程度に留め、投資行動まで明るく積極的になることは控えなくてはなりません。市場関係者のお話に嘘や偽りはありませんが、自分の投資方法に結びつける事とは別問題です。
この2日間の大幅高により、証券サイトや株テレビ、ラジオ等でのお話は明るいものが目立ちました。このように自分が得られる情報源が明るいお話で埋め尽くされると、自分も明るく強気になってしまう場合が少なくありません。そして強気になって気分良く買い付けたところが天井。。。これは多くの投資家が経験していることではないでしょうか。

相場が下落すれば、お話は急変〜「急ピッチな上昇による警戒感からいつ売られてもおかしくない状況であった」このようになると思います。これもまた正解のコメントで批判することはできません。「お話は急変する」ということを心積もりし、楽観視するようなお話で自分の投資が振り回されないように注意しましょう。

このように書いてきましたが、昔の私は「どこを見ても強気のコメントなら強気になってしまう」状態でした。そして自信をもって買い付けたところが天井。その後に下げてきたので損切りすれば、そこが絶好の押し目ポイントで大きく上昇を始める。。。まさに「買えば天井、売れば底」これの繰り返しでした。「安値からいくら上がった!乗り遅れまい!」これで買い付けますが、これも天井。。。そんな経験を数え切れないほど経験してきました。今では懐かしい思い出になっております。

「損切り」についてお話させていただきます
人それぞれに考えがあると思います。損切りを重要視する人、そうでない人。損切りはせずに保有し続ける人、ナンピンする人。。。他人様が運用する資金にどうこういえるものではありませんので、それらの考えを否定するつもりは全くないことを前提に書かせていただきます。

投資でもっとも重要な事は?と聞かれたら、私は迷わず「損切り」と答えます。ホームページでも特に力を入れて書いている部分ですが、損切りを行えない限り投資で資産を増やすことはとても難しいのではないかと思うのです。株日記でも損切りについて時々書いておりますが、ご理解いただけるタイミングを考えるのに苦労しておりました。例えば、相場が急落してもすぐに戻る状態であったり上昇相場である場合には、損切りをすることが後の上昇を断ち切ることになりかねません。損切りしなければ買値に戻っていたのに。。。となり余計なお世話になってしまうからです。

今回の急落場面でも書いておりましたが、危険を感じた時には運用金額を少なくする、もしくは保有株を少なくしておくことが大切です。しかし、これは理想であり簡単にできるものではありません。よって逃げるタイミングを逃し、大底と思える部分まで保有されているのであれば辛抱してみることも一つの方法だと思います。また、急落は毎日続くものではなく一旦下げ止まりをみせてから再度急落するパターンが多くある為、その下げ止まりの部分で損切りのチャンスにすることも良い方法だと思います。注意しなければいけないのは、少し上昇すると「もっと上昇するかもしれない」と強気に考えてしまい保有を続けてしまうことです。その結果、一旦下げ止まってからの急落に巻き込まれてしまうケースが多くなってしまうのです。
一瞬の吹き上がりを逃すことなく逃げることが出来れば理想的だと思います。ところが、一瞬の吹き上がりではなく本格的な吹き上がりになることもあるでしょう。しかしそれは結果論と割り切ることが大切です。危険を回避する為に犠牲を払ったのですから後悔する必要はありません。私は、この一瞬の吹き上がりで逃げることが多くあります。同時に翌日から上昇することも多くありますが、しっかりと考えて行動したことに後悔することはありません。

このように書いておりますが、「損切り」は投資法の中で最も難しい部類に入ると思っています。私の場合は、「危険を感じればとにかく損切り。1%の下落でも損切り。」「買値から1割下落すれば何があっても損切り。」このように単純な考えで行っている為、今では難しいと感じることはなくなりましたし、この考えがとても良い結果に結びついております。
とはいうものの、昔は塩漬け株を作って相場から撤退していた時期がありました。過去に損切りが遅れて大きな損失を被った時の気持ちは今でもハッキリと覚えています。。。夜の米国株が気になって眠れない、仕事をしていても損が頭から離れない、土日がとてもつまらない、早く相場が開いて保有株が上昇してほしい。。。書き出せばキリがありません。そんなことを数え切れないほど経験してきました。そして行き着いたのが「損切りの大切さ」です。

これを機に、損切りの重要性を理解されながらも実行に移せなかったり、迷いをお持ちでいらっしゃるなら、ほんの少しだけでも損切りの重要性を再確認されてみてはどうでしょうか。
株は必ず上下するのですから、損失さえ小さなものに留めておけばいつでも取り返すことはできるのです。

難しい相場で利益を出そうとするから難しくなる
怖くなってしまいそうな相場ですが何も恐れることはありません。大切な事は、そういった相場環境に振り回されることがないポジションに自分を置けば良いだけの事なのです。保有株を無くすことを進めているのではありませんが、現金の比率を上げておくことや保有銘柄を少なくしておくといったことになります。
どのよううな相場でも勝負を続けなければいけないプロの方とは違うのです。私のような個人投資家は、難しいと感じれば手控えたり逃げ腰を軽くしながら勝負してみる程度に留めれば良いのです。プロの方が難しいと考えていらっしゃる相場で、私のような個人投資家が無理に勝負する必要はないのです。利益を出し易い時に勝負し、出しにくい時は控えることが大切ですね。

今の相場は「簡単」です。利益を出そうとするから難しくなるのです。簡単な相場、難しい相場、早ければ数日おきに変わるものです。焦る必要は全くありません。難しい相場に直面しますと、この先も暗いままなのかと思ってしまいがちですが、あっという間に簡単な相場へ変化することは多々あります。経験則では「投資家の多くが暗いままなのかと絶望的になり、去ってしまわれた時」=皮肉にもそこが「大底」になっているのです。

上昇相場だけが利益を出せる環境ではない、むしろ逆のことがいえる
市場が本格的な上昇へ向かうのには少し時間が必要かもしれません。しかし、投資法としては簡単になってくるといえるでしょう。投資は「買いよりも売りが難しい」と言われます。理由は「売った後に上昇すれば利益を逃す」と考えてしまうからです。上記しましたように、本格的な上昇へ向かうのには時間が必要だとすれば、今後は「売った後に上昇すれば利益を逃す」と考える事が少なくなるのではないでしょうか。当然ですが銘柄によっては大きく上昇することもあるでしょう。しかし、売った後に大きく上昇する可能性が少ないと考えられるなら「売り」が難しいものではなくなります。
このようなことから、とくに投資経験の浅い方にとっては、今後の相場が投資技術を大きく向上させる絶好の場になるような気がしております。買えば上がる上昇相場では保有期間がどうしても長くなる為に練習回数が少なくなります。しかし、今後の相場では金欲を出す必要がありませんので、適当なところで利益確定し、次の押し目を狙うといった回転が効く投資が可能になります。結果、練習回数が多くなり投資技術の向上へつながるのです。

投資経験を積まれていらっしゃる方にとっても良い環境ではないでしょうか。売りが簡単になるほど楽なことはありません。上昇相場以上に利益を出す事ができる相場になるかもしれませんね。

他人の立場を考えた損切り
大きな含み損を抱えていらっしゃる場合には、買値よりも1割、もしくはそれ以上の含み損になっておられるはずです。相場に絶対はありませんが、都合よく自分の保有株が目先で1割2割の上昇になることは滅多に起こるものではありません。よって、損切りが前提となります。まずは冷静にチャートをご覧下さい。そして「ここまで来れば売り込まれてしまうだろう」というポイントを見つけるのですが、この時に自分の都合で考えることは絶対に避けなければいけません。株は買う人がいるから上昇するのです。自分よりも低い株価で買った人は一定の利益で確定してくるでしょうし、自分よりも高い株価で買った人は自分よりも早い段階で損切りしてくるかもしれません。。。他人の立場に立って考えることが大切です。

次に行うことは、決めた水準で実行することです。
予想通りに株価が上昇して目標としていた水準に到達すれば、多くの投資家は自分の都合で目標株価を引き上げてしまいがちです。この時も買い手の気持ちになって考えなければいけません。都合よく引き上げた株価まで都合よく買い進めてくれるでしょうか?
例えば2割の含み損があったとします。
1割の上昇となり含み損は1割となりました。まだ上がるかもと考え、更に1割上昇したところ(買値)まで売りの水準を引き上げます。2割減の水準で買い付けた投資家は、こちらの都合通りに2割上昇まで保有してくれるでしょうか?短期で1割も上昇していたとすれば一旦利益確定するのではないでしょうか。新しい買い手の立場で考えた場合、短期で1割も上昇しているところから更に買い進めてくれるでしょうか?そう考えますと、こちらは都合よく水準を引き上げますが、それについてくるほど他人は甘くないことが分ります。水準を引き上げたばかりに手前で売り優勢となり、下落へ向かってしまうことは少なくありません。「これだけの含み損がこれだけ少なくなったのに、また元通りの大損になってしまった。。。」よく聞く言葉です。
そもそも、売り時を逃したミスなのです。間違えた投資なら欲を出さずに精算してしまいましょう。精算はお金だけではありません。心理的にも精算されるのです。そして心機一転、新しい投資へ向かうことが望ましいのではないでしょうか。

(注)私は必ず1割減までの損切りを実行しますので、こちらで紹介させていただいたような1割以上の含み損になることはありません。


                素人投資家の挑戦へ戻る
「株日記」より〜反響の大きかった記事
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦