私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
投資は「弱いものを切る」のがセオリーです
強い銘柄で利益が出ているものを残し、弱くて損失が出ているものを切ることです。個人投資家の多くは、この逆を行います。利益が出ているものは早めに売って利益を確定し、損失が出ているものは損を確定させたくない為に保有を続ける。。。結果、早めの利益確定で少しの利益なのに対し、弱い銘柄は含み損を拡大させていくのです。投資の上手な方は、強いものを残して弱いものを売ります。まさに外国人投資家の手法なのです。

上がっても下がっても喜べる投資金額で 〜 金欲をなくす
日経は強い上昇が続いてきた為、売り時を迷っていらっしゃる方も多いと思います。「投資は買いよりも売りの方が難しい」と言われるように、「売り逃し」ということが良く起こります。買いは慎重に底を狙うのですが、売りになると金欲が邪魔をして高値であることへの慎重さがなくなってしまうのです。買い付けた当初は、ここまで上がれば十分だと考えているのに、いざそこまで到達すると更に上を目指してしまうのです。そこから株価が下落しようものなら「せめて少し戻すまで」などと考え保有を続けてしまいます。そして待っても待っても株価はズルズル下落。。。最悪の場合は買値以下となり1割以上あった含み益が2割以上の含み損になることもあるのです。2割以上の含み損は少しオーバーな話かもしれませんが、恥ずかしながら実際に私が数多く経験した実話でございます(^^;)。

昔の私は金欲に勝つことができず、例として挙げた金欲に負ける典型的な弱い投資家だったのです。では、「買値まで下げれば売ればよい」「少し下げた時に売ればよい」と考えてしまいがちですが、これは株価動向を見終えた後に言えることであり、少し下げた時に直面している心理ではそのように考えることは難しいものです。「一旦調整して再度上昇へ向かう」これがあるから難しいのです。

利益を得る為に投資をしていながら金欲を無くす。。。どのように考えても行動と思考が矛盾することであり変わった人でなければ実行できない気がしてしまいます。実際、私も変わった人になろうとして、もう上がらないだろうではなく、まだ上がるだろうで売っていた時がありました。ところが売った途端にどんどん上昇していく皮肉な結果になることばかり。これではダメだと思い売らずにいるとズルズル下落。。。売り逃して利益が減少している為、他の銘柄で負けている分を埋め合わすことができずに資産は減るばかり。とても悲しい思いをしておりました。

何度も何度も金欲に負けることを繰り返している中、やっとの思いで見つけることができたのが「上がっても下がっても何とも思わない投資金額で進めること」だったのです。上がっても何とも思わないので金欲に邪魔されることなく利益確定することができるようになったのです。売り損ねて利益が少なくなるよりかは欲を出さずに利益確定して次のチャンスを狙う。この考えを続けることで小さな利益が積み重なることになりました。これなら変な人になる必要はありませんし自然体で進める事ができます。

今では笑い話のように話しておりますが、金欲に負けていた時にどれほど資産を激減させたかわかりませんし投資から逃げていたこともあったのです。当時は投資の世界に残れるかどうかの瀬戸際でした。

「金欲をなくす方法」
これはとても難しいことなので、なるだけ早いうちから訓練される方が良いかもしれません。私は気付くのが遅れた為、とても多くの損失と時間を要しました。

私の損切り
「せっかく買ったのだから保有を続ける」良くある考え方ですが、私にはこのような考えが一切ありません。上がる可能性が高い状況であれば保有を続けますが、相場環境や個別銘柄の環境、チャートを見た時に自分なら買わないと判断した場合は問答無用に損切りします。良くない状況になったと感じる銘柄を保有し続けるよりも、現金化してもっと条件の良い銘柄に乗り換えた方が効率良く資金を回転させる事ができる為であります。

2007年のアンケート調査
本日、株テレビで「日経〇〇〇が個人投資家を対象に大規模調査をした結果」を、放送していました。
内容は、8000人程にアンケート調査を実施。その中で、昨年30%以上の利益率を達成した個人投資家の共通点と、負けてしまった方の共通点を紹介するというものでした。
全てを記憶しておりませんが、覚えている範囲で紹介させていただきます。

「30%以上の利益率を達成した個人投資家の共通点」
☆万時に余裕がある
☆大型株中心
☆良く使うテクニカル分析(覚えておりません)
☆分散投資
☆ギャンブルが苦手
要約しますと、大型株を中心とし、分散投資でリスクを軽減しながら目先の上下で慌てず余裕の気持ちで投資する。そのようなことを仰られていたと思います。加えて、株とギャンブルは違いますが、ギャンブルが苦手な方は投資上手だという共通点は少し驚いたとも仰られていました。

「負けてしまった方の共通点」
☆新興株の短期売買
☆板情報やローソク足を重視する
☆掲示板やネットの書き込みから、最新情報を得ようと追いかける
(最新情報を得て、株価を追いかける。。。だったかもしれません)
☆良く使うテクニカル分析「乖離、他(覚えておりません)」
☆ネットオークション好き
こちらに関しては、ネットオークション好きな方が共通点だったことに少し驚かれておられました。

強い相場では悪材料が表に出ない
ここ数日、強い展開が続いております。こうなってきますと、市場関係者のコメントも前向きになりがちですし、明るい材料がどんどん出てきます。しかし、ひとたび株価が下落すれば、そんなにあったの?と思えるほど多くの悪材料が出てくるものです。強い相場に楽観視することなく、影に潜んでいる悪材料を確認しておきましょう。

素人投資家の挑戦へ戻る
「株日記」より〜反響の大きかった記事