下ヒゲ
上ヒゲ
実体
(陰線)
(陽線)
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
ローソク足の読み方 基礎 @
ローソク足の基本です

始値より終値が高ければ、向かって左側の図。陽線といいます。
始値より終値が安ければ、向かって右側の図。陰線といいます。

1日の高値、安値、始値、終値を表したものを「日足」
1週間で表したものを「週足」
1ヶ月で表したものを「月足」と呼びます。

このローソク足1本1本が続けて表記されたものをチャートと呼びます。
チャートでもローソク足と同じように表記される期間によって「日足チャート」「週足チャート」「月足チャート」と呼ばれます。
1日の値動きは以下のようになります。。
始値から高値に向かう ⇒ 高値から安値に向かう ⇒ 安値から終値。
始値から安値に向かっても同じです。安値から高値に向かう ⇒ 高値から終値。

陰線の場合は、始値の位置が違うだけです。
実際の動きは図で示しましたように単純ではありません。1日の動きをみると、狭い値幅で長く揉み合ったり、急激な上下があったりと複雑です。

下の図は、2009年(平成21)年 2月6日の値動きです。
この動きをローソク足にすると、このようになります。

1、大きく買われるも引け(終値)にかけて売り込まれていますので、上ヒゲの
  長い足になります。
2、始値よりも少し売り込まれていますので、下ひげは短くなります。
3、始値より終値が高いので、陽線となります。
(午前の値動き)
寄り付きから大きな上昇になりますが、早々に右肩下がりになってしまいます。しかし、10時を過ぎたあたりから上昇。結局、始めにつけた高値付近まで上昇して終えました。

(午後の値動き)
午前の終値より少し下げてのスタート。その後、8050円付近まで売り込まれてしまいますが、1時間近く揉み合った後は上昇に転じて始値よりも高くで終えました。

素人投資家の挑戦へ戻る