少しの売りを示す足
(実体が短い為、強さはありません)
少しの買いを示す足
(実体が短い為、強さはありません)
       少し変わったローソク足のご紹介
                  
( 強弱よりも、迷っている為に転換点となる場合が多くあります。)
( トンボ 2 )
(トンボ 1)
方向感が出ない為に値幅が小さくなっています。
値幅が少ない為に陽線と陰線の違いはありません。
( 寄引同時線 )
( コマ )
( 陽の寄り付き坊主 )
( 陰の寄り付き坊主 )
始値を下回らずに上昇しますが、高値からは売り込まれているので、少しの買い。
安値引けですが、大きく売られたというほど値幅がありませんので、少しの売り。
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
【ローソク足 基礎2】
投資を始めるにあたって
強い買いを示す足
強い売りを示す足
( 下ヒゲ陰線 又は 長い下ヒゲ陰線 )
下ヒゲが長いということは、大きく売り込まれた後に買い戻されたことを意味しますので、強い買い。実体が小さい為、陽線でも陰線でも関係ありません。両方が同じ意味を持ちます。
( 上ヒゲ陽線 又は 長い上ヒゲ陰線 )
上ヒゲが長いということは、大きく買われた後に売り込まれたことを意味しますので、強い売り。実体が小さい為、陽線でも陰線でも関係ありません。両方が同じ意味を持ちます。
( カラカサ又はトンカチ )
( カラカサ又はトンカチ )
始値より高くで終えている為、少しの買い。
( 小陽線 )
( 小陰線 )
始値より安くで終えている為、少しの売り。
( トウバ )
(四値同時線)
始値、高値、安値、終値、4つが全て同じになる足です。極端に取引が少ない銘柄で出現します。
究極の迷いを意味しますが、ほとんどの場合は取引が少なかったことで、単に「動かなかった」という感じです。
売り買いの力が全く同じの為、次に動き始めた時は一方向へ力が偏る場合あり。迷いの十字線とも呼ばれます。

( 大陽線 )
( 大陰線 )
始値から少し売り込まれて安くなるも、引けにかけて大きく上昇しているので、強い買い。
始値から少し買われて高くなるも、引けにかけて大きく下げているので強い売り。
始値を上回ることなく下落し続け、その日の安値で終えているので、大変強い売り。
( 陰の丸坊主 )
始値を下回ることなく上昇し続け、その日の高値で終えているので、大変強い買い。
( 陽の丸坊主 )
高値引けですが、大きく買われたというほど値幅がありませんので、少しの買い。
始値を上回ることなく下げていますが、安値からは買い戻されているので、少しの売り。
(トンボ 2)と同じ解釈。

下ヒゲの長いトウバは、(トンボ 1)と同じ解釈。
買われた後に売り込まれるも最後は始値付近でピタリと止まっている為、売りは強くありません。但し買いの力は吸収されたと判断
売られた後に買い戻されるも最後は始値付近でピタリと止まっている為、買いの力は強くありません。但し、売りは吸収されたと判断。
大きく売られるも、それ以上に買われて高値引けしていますので、強い買い。
陰線でも、売られた後の戻りが大きく影響する為、陽線よりもほんの少し劣る程度です。
大きく買われるも、それ以上に売られて安値引けしていますので、強い売り。
陽線でも、買われた後の売りが大きく影響する為、陰線よりもほんの少し劣る程度です。
( 陽の大引け坊主 )
( 陰の寄り付き坊主 )

素人投資家の挑戦へ戻る