素人投資家の挑戦へ戻る
赤い○で囲んだところが、3つの窓を空けたところです。その後、大きな下落になっています。
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
ローソク足の読み方 応用 A
ローソク足数本での組み合わせを紹介します。

歴史が古いだけに、今となっては経験則に当てはまらないものや、同じ形でも呼び名が複数存在するものがあります。
ローソク足の読み方 @ のように、2本の組み合わせだと出現率は高くて今でも重宝され続けているのですが、複数の組み合わせになると出現率は低くなりますし、複雑な形になると滅多に同じ形にはなりません。

このようなことから、複雑な形および経験則に当てはまる確率が低いものを省いた5つの形を紹介したいと思います。

複数の組み合わせだけに理由も奥深いので、ひとつひとつをじっくり説明したいと思います。
揉み合い上放れ 揉み合った後に上抜ける形

長く揉み合うと、揉み合い付近の売買高が多くなりますので(売買した量が多くなる)、抵抗が強くなります。その強い抵抗を上抜けるということは、下値抵抗が強くなる(下落する可能性が低くなる)ことでもあります。
よって、買い付ける投資家と保有を続けようと考える投資家が多くなり強含む結果につながります。

逆のパターン
陰線が抵抗を下抜けた場合、理由も全く逆となりますので弱含みとなります。。
赤ラインで挟んだところが揉み合っているところです。
揉み合った後に上抜け、大きな上昇になっています。

 たくり線 下落が続いた後で出現する下ヒゲの長い足 

下げ続けると、気持ちも弱気になりがちです。下げれば下げるほど怖くなり、最後には我慢していた投資家も耐えられなくなり投げ売ってしまいます。ところが、割安感から買い付けたいと考える投資家が多くなれば大きく買い戻される展開となり、後の上昇につながります。

逆のパターン
上昇が続いた後に上ヒゲの長い足が出れば、理由も全く逆となりますので目先は弱含みとなります。
赤い○で囲んだところが起点となり、後の上昇につながっています。
 三空 窓を3つ空ける上昇

上昇し始めると強気の投資家が増えてきます。その数が1日経つごとに急増して、前日の高値を飛び越える上昇になることを「窓を空ける」と言います。
何かの材料で買いが殺到、1つ目の窓を空けます。それでも強気の投資家が後を絶たずに再び買いが殺到。2つ目の窓を空けます。そうなると強気は絶頂に達すると同時に、空売りをしていた投資家も恐怖のあまり一斉に買い戻す展開となり、3つ目の窓を空けます。そこは明らかに行き過ぎた水準であり、目先は弱含む可能性が高くなります。

逆のパターン
窓を空けた下落が続けば、理由も全く逆になりますので目先は強含みと考えます。
 明けの明星 大陰線と大陽線に挟まれ、下に窓を空けたコマが出現した形

大きく売られた為、買い手が恐怖のあまり投げ売りします。その結果、窓を空けた急落になるのですが、割安感から多くの買いが入れば売り込まれることなくコマの形(大きく売り込まれていない為、売り買いが拮抗した形)になります。
その翌日、窓を開けた大陽線になると、下げ止まった後で大陰線の下落力を吸収したことになりますので、強含む可能性が高くなります。

逆のパターン
宵の明星(よいのみょうじょう)と呼ばれます。こちらは大陽線と大陰線に挟まれ、上に窓を空けたコマが出現した形になります。理由も全く逆になりますので、目先は弱含みと考えます。
チャートは、宵の明星です。赤い○で囲んだ所にコマが出現。
 首つり線 上昇してきた後、下ヒゲの長い足( カラカサ )が出た形

上昇し続けてきた相場に加えて、大きく売り込まれながらもそれ以上に戻す形になっている為、目先は強含みそうな感じがします。ところが力尽きてしまう場合が少なくありません。

逆のパターン
下落し続けた相場で、上ヒゲの長い足( カラカサ )が出た形。理由も全く逆になりますので、目先は強含みと考えます。
チャートは、逆のパターンです。赤い○で囲んだ所にカラカサが出現。