人の行く裏に道あり花の山
投資は安くなれば買い、高くなれば売ることで利益を得ます。安くなるということは、大勢がダメだと思って売り出している時。また相場環境も悪い時。ところが、そんな時こそ相場が反転する手前。売りはその逆。人の裏を進むことで人の一歩先を行くことができます。

もうはまだなり、まだはもうなり
もう天井だと思うが まだ天井ではない。まだ天井ではないと思うが もう天井。もう底だと思うが まだ底ではない。まだ底ではないと思うが もう底。自分がどれだけ考えて予測をしても、相場をピタリと当てることはできません。

利食い千人力
小さな利益でも積み重ねれば大きな利益になるものです。同時に、小さな利益は少しの上昇でよい為に利益確定がしやすくなります。逆に大きな利益は大きな上昇を必要とする為、利益確定が難しくなります。どちらが良いかは書くまでもありません。

休むも相場
常に勝負して勝てるほど相場は甘くありません。相場には流れがありますので、勝てると思う時が来るまでじっと我慢して待つことが大切です。買う、売る、だけが投資ではありません。休むことも立派な投資法なのです。

卵は一つの篭に盛るな
リスクを分散しておくことが大切です。例えば、1つの業種に大きく投資をするのではなく、いくつかの業種に分散する。同じ日に大きな投資をするのではなく、日をずらす。一つのポイントへ大きく投資をすると、負けた時に大きな損失を被ってしまいます。

麦わら帽子は冬に買え
本来、麦わら帽子は夏に買うものです。当然、売り手は売れることが分かっているので値段を高くして売ります。しかし、冬になると売れないので安く売ります。ここがポイント。購入して腐るものでなければ、安くなる冬に買うのが安く買うコツ。株も同じです。

行き過ぎたところはチャンスなり
相場は行き過ぎることが多々あります。大きな下落が続けば、怖さを我慢していた人も我慢できなくなって売り出してしまいます。この動きがピークになると予想もつかない下げになってしまうのですが、心理で下げた相場は戻すもの。行き過ぎたところはチャンスとなります。

買い逃せば買い場を待とう
買い逃したと感じる時は株価が高くなっているものです。そんな時に慌てて買い付けても下がるだけ。買えた満足と利益が反比例するような投資は避けましょう。チャンスは無数にあります。逃しても逃しても待ち続ければよいのです。待つ状態で損はしないのですから。

心の乱れは投資を乱す
投資は分析も大切ですが、精神状態も大切です。精神状態が乱れていては投資に集中することができませんし、慌てた売買につながることも少なくありません。落ち着いた状態であれば、冷静に判断することができますので失敗することも少なくなるでしょう。

相場は明日もある
今日の取引だけで勝敗を決める必要はありません。今日の取引だけで売買する必要はありません。相場は明日もあるのです。慌てたり急いだりせず、1日いや2日3日待つ気持の余裕がほしいところです。


相場格言  そのA  そのB  そのC  そのD

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
相場格言 その@