素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
【キャッシュフロー】

損益計算書が示す会計上の損益ではなく、実際の現金がどれだけ増減したのかを表しています。
営業CF・・・売上の収入、仕入れや営業経費の支出
投資CF・・・設備や開発等への投資、有価証券への投資
財務CF・・・借入金の収支

CF表は、営業で得た現金を投資に回し、その過不足分を財務で調整する形となっています。その為、元の現金となる営業CFがマイナスとなっている場合は注意が必要です。営業で利益が赤字の場合等が考えられ、現金を生み出せなくなっていると考えられます。

CFは、その期限り(特殊要因)の場合があり、1年から数年間の推移で見ることが大切です。何年も営業CFがマイナスであれば、その会社は非常に危険な状態にあるといえます。


【格付け】

企業の信用度ともいえます。
企業が資金調達の為に借り入れたもの(債券)を、期限内に返済できるかどうかを示したものです。債券を発行していない場合、格付けは載っていません。

財務体質が良ければ返済能力も高いので、格付けも高くなります。

格付けを引き下げられた場合、株価のマイナス材料となることが多いので注意が必要です。四季報では格付け業務を行っている主要四会社の格付けを載せています。


【業績記事】

プラスイメージ高い順
△△△△続伸、更新     
△△△反騰、急伸、大幅増 
△△好調、拡大、旺盛、増勢               
△強含み、微増、伸び鈍い、順調、上向く、底入れ

中立
横ばい、硬調、天井、高原状態、底ばい

マイナスイメージ低い順
▼弱含み、微減、不冴え、ピークアウト
▼▼反落、縮小、大幅減、剥落、後退
▼▼▼一段低下
▼▼▼▼続落

前号との比較では
増額、上振れ、上方修正がプラスイメージ
計画線が中立
下方修正、下振れ、減額がマイナスイメージとなります


【売買単位】

「株式」の下に単位とあります。単位1000なら1000株が最低の取引株数になります。500円の株価なら50万円が最低必要になります。


【発行株式数】

「株式」横の数字です。発行株式数の大きさにより値動きが大きく異なる為、確認しておきましょう。
2億株以上が大型株で、値動きはゆっくりとしています
6000万株以上で中型
6000万株未満が小型株で値動きは激しい

値動きには売買高を必要とします。大型株では大きな売買高が必要なので、よほど大きな材料が出ないと値動きはなだらかです。反面小型株は、少しの売買高で大きく動くので、ひとつの材料でストップ高安をつけることが多々あります。


【外国】

外国人持ち株比率のことです。外国人の持ち株比率が高いと、外国人の本国にある市場に影響されます。例えば、ニューヨーク市場が上昇であれば日本株も買い、下落であれば日本株も売り、となる傾向にあります。

外国人は優良株に投資する傾向があるので、優良株を見分けるひとつのポイントになります。しかし業績に対し敏感である為、悪化を予測すると一気に持ち株比率を下げる場合もあります。

少しだけ注意したいのが為替です。自国の通貨に換算して日本株を買っているので、円安方向へ進み始めると株価が変わらなくても株価の価値が下がっていく為、売られる場合があります。


【投信】

運用機関が投資家からお金を集め、さまざまな銘柄に投資して配当を行う機関のことです。投資家からお金を集めて運用する為、優良な銘柄に重点的な投資をします。
このことから、機関投資家も注視しており投資の対象となる場合が多いのです。

銘柄の入れ替えを頻繁に行う投資信託の比率が高い場合、予期せぬ売りが出る場合があり、注意が必要です。

投信の比率
0.5%以下は少ない
5%くらいが普通
10%以上が多い
一応の目安ですが浮動株や外国人持ち株比率などにも関わり、一概には言えません。
会社四季報の読み方