欲を出して天井で売ろうとしたり、大底で買おうとしないことです。ここが底だと判断しても下げるのが相場。その逆も同じ。天も底も一瞬です。そんな神業のようなことを考えていれば、せっかくのチャンスを逃すことになってしまいます。一歩手前で満足しましょう。

銘柄に惚れるな、タイミングに惚れろ
銘柄をどれだけ愛しても、愛する量と株価は比例しません。騰がる前に買うことが重要です。銘柄を好きになれば検証する気持ちも強くなるので、好きになることは間違いではありません。しかし、惚れこんでタイミングを逃してしまっては本末転倒です。

相場の器用貧乏
相場は大きな流れで動いています。その中を、器用に動き回ろうとしても余計な力を使うだけで利益にならない場合がほとんどです。あまり細かく動こうとせず、相場の流れをじっくり観察して身を任せてみるが良いでしょう。

大損も妙薬なり
できれば避けたいところですが、人は大きな辛さがないと学べないところがあるようです。相場撤退すれすれの一発大損を経験すると、怖さが嫌というほど身に付き安全な投資を心がけるようになるでしょう。私はすれすれが上手くいかず、撤退を一度経験しました。

シマッタは手仕舞え
大丈夫だ、間違いないと思っていても失敗するのが相場です。シマッタと思う時に保有するほど危険なことはありません。「シマッタ=間違いだった」のはず。ならば損をしたとしても、間違いを早く修正することが大切です。早めの治療は傷も小さくて済むのです。

明日は明日の風が吹く

心配してもどうにもなりません。明日の相場は神のみぞ知ることであり誰にも分からないのです。意外と心配していたほど下げなかったりするものですよ。引け後の下方修正で泣くも、翌日は悪材料出尽くしで急騰。昨日の辛さは何だったの?よくあるお話です。

下手なナンピン怪我のもと
株価が下げてきた時に同じ株数を買って平均単価を引き下げるナンピン。しかし、株数が倍になることを忘れてはなりません。狙い通りに騰がれば損は今までの倍取り返せるものの、下げれば倍損するのです。ナンピンをする時は気を付けて。

落ちてくるナイフは、刺さってから抜くべし
落ちてきた株価を買い付けると、約定させたところによっては怪我をします。そんなに慌てなくても大丈夫。地面に刺さってからゆっくりと抜けば、底は確認できるし怪我もしません。気持ちに余裕を持たせましょう。

人気は熱しやすく冷めやすい
人気が出ると株価は大きな上昇になりますが、人気が無くなるとすぐに急落するのが経験則です。人気が出る前もしくは出た直後なら良しと考えても、人気が出た水準は大勢よりも高いところで買うことになりますので、くれぐれもご注意を。

飛びつく魚は釣られる
我先にと株価に飛びつけば釣られること多し。いかにも騰がりそうな板を見て、我先にと約定させたらそこから急落。まさに餌に釣られたお魚同然。釣った人は利益という ごちそうを食べていらっしゃることでしょう。飛びつく前によく検証することです。


相場格言  その@  そのB  そのC  そのD
頭としっぽはくれてやれ

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
相場格言 そのA