【特定株】【浮動株】

株式の流動性を意味します。浮動株とは市場で売買される株式のことで、特定株は市場で売買することが目的でないものを言います。

特定株の比率が高く、浮動株が少なくなると株式の流動性は低くなります。反面、浮動株比率が高いと流動性が高いといえます。流動性が高いと売買しやすいといえます。

特定株比率で注意しなければいけないのは、大株主上位10位までと役員持ち株、自己株の合計から算出された比率といういことです。市場で毎日のように売買される株式ではない為、普段は流通しませんが、あるとき急に売り出したり買い増したりして持ち株比率を上げたり下げたりする場合があります。

浮動株の比率が低いと値動きが荒くなる傾向にあります。


【株価】

高値、安値、出来高と書かれている部分です。
上場来高安値の下に直近5ヶ月の月間高安値が書かれています。現在の株価と比較して高い水準なのか安い水準なのかを判断します。

株価は財務内容に比例するので、現在の財務内容と照らし合わせ売られすぎなのか買われすぎなのかを判断します。


【信用買い残】【信用売り残】

チャートに書かれています。
信用売りが多ければ先で買い戻すことになり株価の上昇が期待できる半面、売りが多いということは現在の株価が高い位置にある為、思うように上昇しないとも考えられます。

逆に信用買いが多ければ先で売られてしまうので株価の上昇を抑えられてしまう半面、買いが多いということは現在の株価が低い位置にある為、上昇することも考えられます。


【PER】

チャート横に連PERとして記載されています。最も株価が高い時のPERの平均が上段で、最も株価が低い時が下段に書かれています。
株価÷一株当たりの利益で算出します。

一般的には10倍台で割安、20〜30倍が普通とされていますが同じ業種間で比較しないと意味がありません。ある業種の平均が30倍で、その業種に属する企業が25倍なら割安と考えられます。

注意したいのは1期のみで判断する場合、計算に使う一株益が決算期によって変化するということです。例えば、ある期に不動産や株式などの売却で特別な利益が発生すると、一株益が大きくなりPERも低くなります。こういった要因の場合、一時的なことなのでPERが低いからといっても割安とはいえません。


【PBR】

PERの下に書かれています。
株価÷一株当たりの株主資本で算出します。
PBRが1倍を超えている企業は株価が株主資本を上回っている為、高く評価できます。反面1倍を割っていれば業績が悪化していると判断できます。

PBRもPER同様に同業種内での比較が大切です。


【収益率】

PBRの下に書かれています。
5年続けて株式を保有し続けた場合、値上がり益と配当による総収益がどれくらいになるかを計算した数字です。

当然のことですが過去5年ですばらしい上昇をみせていても、これからも上昇が続くとは限りません。しかし歴史が長く、一定した収益を繰り返している優良企業なら今後の投資判断に役立つといえます。

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
会社四季報の読み方