私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
さまざまな投資方法
【商いの増加は上昇へのシグナル】
赤い○で囲んだところをご覧下さいませ。
「商いの増加=すぐに株価上昇」という規則正しい法則はありませんから、「下げ止まった後に上昇している」そんな感覚で見て下さい。



売買が成立しないと売買代金や売買高には反映されません。よって、売買が多いということは買いだけではなく売りも同じだけ多く吸収したことになりますので、将来の下げ要因となる売りが少なくなり上昇しやすい環境になります。

逆に、売買が少ない状態で上昇しても少しの売りしか吸収していませんので、多くの売りが残っていると判断できます。この場合は上昇しにくい環境になります。

言い換えれば、「商いを伴う上昇は信用できるが、商いを伴わない上昇は信用できない」となります。



素人投資家の挑戦へ戻る