私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
投資の心得
【 心得その@ 損切り 】
私が投資をするうえで最も重要視しているのが、損切りです。

損切りは損を確定させてしまう為、ためらってしまいがち。
しかし、早めの損切りを心がけることで損失を小さなものに留めることができますし、損失が小さければ小さな利益で補うことができます。反対に、損切りをためらい損失を大きくしてしまえば、大きな利益か小さな利益を数多く得なければいけません。これはとても大変なこと。


早めの損切り
この水準を、私は1割減としています。


早めの損切りといっても、早過ぎるのはあまり良くありません。
株は必ず上下しますので、買値より少し下がったくらいで損切りしていると「損は少なく数は多く」になってしまい、結果は大きな損失になってしまいます。こういったことを避ける為にも、ある程度の下値余地を想定しておくことが大切だと思います。


検証に検証を重ねて底だと考え買い付けたものが、そこから1割も下がれば失敗だったと考え潔く損切り。これを守れるようになってから、利益が少しずつ伸びるようになりました。

利益が伸びなかった頃の私
早く利益を得たいが為に少しの利益で確定させてしまうのですが、損切りは損を確定させてしまうのが嫌で長く保有してしまう傾向にありました。結果、「利益は少なく損は大きく」となり利益が伸びなかったのです。

「やがて戻る」という可能性はありますが、戻りを待つよりも上昇しそうな次の銘柄に資金を移動させた方が効率は良くなると思っています。
こちらに関しては、HP上段にあります
投資を始めるにあたって 買値より下がった場合
の項で詳しく説明していますので、ご覧下さいませ。

上記していますように、損切りは損を確定させるものではありますが後の回復を早めるものでもありますから、軽視しないようにして下さい。

素人投資家の挑戦へ戻る