売買履歴はご利用の証券サイトでも確認することはできますが、エクセル等を使って自分流にアレンジしながら書かれることをおすすめします。

エクセルを使った一つの例を紹介します。


まず、このように入力します。
(買い付けた後の結果も書きますので、1段空けておきます。)

日付 売買 銘柄 買値 株数 金額 損益
2月5日 買い 〇〇〇〇〇〇 1500円 100株 150000円 0
2月8日 買い 〇〇〇〇 1000円 100株 100000円 0
合計


                    

次に結果を入力。
損益のところは、エクセルの機能「オートSUM」を使います。
範囲を選択して、「オートSUM」をクリックすると自動的に合計が出ます。
(2月5日から合計までを選択してオートSUMをクリックすると、合計が20000円と表示されます。)

日付 売買 銘柄 買値 株数 金額 損益
2月5日 買い 〇〇〇〇〇〇 1500円 100株 150000円 0
3月10日 売り 1800円 180000円 30000円
2月8日 買い 〇〇〇〇 1000円 100株 100000円
3月12日 売り 900円 90000円 -10000円
合計 20000円


                     

色を付けても見易いかもしれません。

日付 売買 銘柄 買値 株数 金額 損益
2月5日 買い 〇〇〇〇〇〇 1500円 100株 150000円 0
3月10日 売り 1800円 180000円 30000円
2月8日 買い 〇〇〇〇 1000円 100株 100000円
3月12日 売り 900円 90000円 -10000円
合計 20000円


このように記録すると、株日記とは違うさまざまな部分が見えてきます。


例えば、「大きな金額を投資している時は2割下げるまで損切りしていないのに、小さな金額を投資している時は1割下げれば損切りしている」という部分を見つけたとします。

すると反省点が見えてきます。
「大きな金額を投資していることで損を確定するのが怖くなり、損切りが遅れているな。」
「結果、大きな損失になってしまう為、積み重ねてきた利益が吹っ飛んでいる。」

反省点が見つかると、改善策も見つかります。
「損切りが怖くない少額投資で行えば、今よりも損失は小さくなるぞ。」


過去の投資を振り返ることは勉強になりますし、そこで得た知識は先の投資で必ず役立ちます。
売買履歴は必ず付けるようにして下さい。

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
投資を始めるにあたって
【 売買履歴をつける 】