私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
相場格言 そのC
売り買いは三日待て
買って下げることはよくあります。逆に売って上がることも良くあります。
「もう少し待っていればよかった」というのは本当に良くあるお話。
慌てることはありません。もう少し待ってみましょう。

見切り千両
潔く負けを見つけて逃げることが大切。早めに見切ることで傷は小さくて済みます。
冷静に相場環境とチャートを検証しましょう。「自分だったら、今この銘柄を買うだろうか?」
買えなかったら即売りです。

迷ったら迷わず休め
絶対に底だ!絶対に天井だ!と確信が持てても失敗するのが株式相場です。迷っている時に勝負することはありません。確信が持てるようになるまで待つ余裕が大切です。迷ったら迷わず休みましょう。

大きな取引を誇りとするなかれ
1000万円投資をして900万円になるよりも、10万円の投資で11万円になるほうがとてもお上手。
大きな取引をしていると偉そうになりがちですが、上手い下手は投資金額で判断するものではありません。

相場には魔坂がある
登り坂、下り坂、そして魔坂(まさかそんな!)これがあることを忘れてはいけません。予想もつかないことが相場では多々起きるものなのです。相場に安全なところはありませんので、明日には魔坂が待っているという緊張感を持ちながら進めましょう。

名人は常に初心者である
常に検証を怠らず、常に慎重な売買を心がける。名人は初心を忘れません。
プロがアマを相手にするのであれば、少し気を緩めたり手加減をしても勝てるでしょう。しかし、相場の世界は違います。気を緩めて勝てるほど甘くはありません。

過剰な自信は破産への道
適度な自信はやる気につながり良いことですが、過剰な自信は検証を甘くさせることが少なくありません。自信と検証は比例することが全くありませんので、気をつけましょう。勝ち続けてしまったばかりに過剰な自身へつながり、最後は大損して相場撤退。よく聞くお話であり、私が一度経験したことでもあります。

夜明け前が一番暗い
相場が下がり続けていると暗い気分になりがちですが、底を打って反転する一歩手前が一番暗くて恐怖を感じる時。相場が真っ暗になる時、気持ちを明るく持つことが大切です。人より一歩先に進む気持ちが勝率アップにつながります。

知らぬものには手を出すな
良く知っているものでも負けるのが相場。知らないものに手を出して勝てるほど相場は甘くありません。知っているものはたくさんあるはずです。わざわざ知らないものに手を出す必要はありません。

偉そうな人の言葉に耳を貸すな
偉そうにしているということは、天狗になっている証拠。その姿勢は必ず投資に出ていると思われます。そのうち大損されるのではないでしょうか。投資はいつも初心でいることが重要であり、天狗になるほど怖いことはありません。そんな事も分からない人に耳を貸す必要なし。


相場格言  その@  そのA  そのB  そのD

素人投資家の挑戦へ戻る