素人投資家の挑戦へ戻る
相場格言 そのD
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
安物買いの銭失い
本来の値段よりも安いものであれば良いのですが、もともと安いものを安くで買っても値上がりしません。もともと安いものは誰も高い値段で買ってくれないのです。買ってくれる人がいてこそ利益は出るものです。



備えあれば迷いなし
相場は売買を実行する時よりも、準備の方が大切なのです。念入りに検証し、確信をもったところで売買すれば、悔いなし迷いなし。失敗は少しあるかもしれませんが、迷っている時ほどの失敗はないはずです。



相場に勇気は不要
勇気と株価は比例しません。いくら勇気をもって買い付けたとしても、それは株価に反映されないのです。勇気がいる投資は無理な投資であることがほとんどです。冷静になって自分の投資を見つめ返してみましょう。



事故は忘れろ
予想もつかない出来事で株価が下げた時は、経験則として取り入れないようにしましょう。明らかに自分のミスで生じた損は、しっかりと反省して勉強しなければいけませんが、事故を勉強しても次に役立つことはありません。予期せぬ出来事だったのですから。



流れが変われば方法も変えよ
相場の流れが変わっているのに、いつまでも同じ投資法で進めていたのではいけません。右に向かって川が流れているのに、左へ進もうとしても無理が生じるだけ。流れに合わせて進む方が無理なく楽に進むことができますよ。



玉は常に残すべし
持ち玉を全部使えば後がありません。相場は戦場です。その中で玉が無くなるほど危険なことはありません。同時に、玉がないことで恐怖は倍増します。結果、冷静な判断ができなくなり失敗が多くなってしまうのです。



もうちょっとは売れない
騰がってくれば、もうちょっと。更に騰がれば、もうちょっと。下落に転じても もうちょっと。これではいつまでたっても売れません。大損するまで売れません。もうちょっとは止めましょう。



データは環境を理解してこそ役立つもの
チャート分析やデータは、相場環境という大きな流れを理解してこそ生かされるものだと思いましょう。分析やデータでは計算できない動きをするのが相場。相場は生きものだと言われますが、その通り。生きものは分析やデータでは予測できない動きをするのです。



休めば鈍る
休むも相場なら良しですが、完全に休むことは相場の感覚を鈍らせます。休む時間が長ければ長いほどダメージは大きくなりますので、なるだけ短期間のお休みに留めておきましょう。自分の都合で勝てるほど相場の世界は甘くありません。



得ることは難しいが、失うことは簡単である
相場で得た利益は、慎重に慎重を重ねて使うように。相場で勝ったことに気を良くして贅沢三昧すれば、近く相場で利益を失ってしまうでしょう。いつ無くなるか分からないという緊張感を持ち続けることが大切です。




相場格言  その@  そのA  そのB  そのC