09年10月14日の素人投資家の株日記から

ヘッジファンドの運用資産
昨日、ヘッジファンドの運用資産が急増していることを取り上げていましたが、本日は運用資産額の順位を並べてみました。
1位、ブリッジウォーター・アソシエイツ 運用額3兆8600億円
2位、JPモルガン・アセットマネジメント 3兆2893億円
3位、ポールソン&カンパニー 2兆9000億円
4位、D.E.ショウ&カンパニー 2兆8600億円
5位、ブレヴァン・ハワード・アセットマネジメント 2兆6840億円
6位、マン・インベストメンツ 2兆4400億円
7位、オフ・ジフ・CMG 2兆2100億円
8位、ソロス・ファンド・マネジメント 2兆1000億円
9位、ゴールドマン・サックス・アセットマネジメント 2兆585億円
10位、ファラロン・CM 2兆円

今回の金融危機により、上位20社のうち半数となる10社が資産を減らしたようです。一方、5位のプレヴァン、6位のマン、8位のジョージ・ソロス率いるソロス・ファンドの3社は資産を増やしてランクアップしています。

3位のポールソン&カンパニーを率いるジョン・ポールソンさんは、05年頃からサブプライムローン問題が起こることを予測して住宅関連商品に売り仕掛け。その後、見事に予想が的中してサブプライムローン問題が噴出すると、更に売りを仕掛けて多額の利益を得ました。07年にはジョン・ポールさん自身も1年間で4000億円の報酬を手にされたようですが、高額報酬が当たり前のウォール街でも破格の報酬額で周りを驚かせました。

今更書くことでもありませんが、暴落で嘆く投資家がいる反対側では暴落に拍車をかけて儲けようと更なる売りを浴びせる巨額運用者がいることを忘れてはいけません。そんな流れに個人投資家が勝てるはずもありませんから、「上へ行くにも下へ行くにも少しだけ乗せる」これが一番良い投資法だと思います。上下する時に先陣を切ればそれだけ大きな利益を得られますが、逆に大きな損失を被るリスクも高くなってしまいます。そんな投資法はプロに任せておき、私のような個人投資家は「小さな利益をコツコツと積み重ねる」ことを目標に、少しだけ流れに乗る方法が安全。これは私が実践している投資法でもあります。

一位に輝いたブリッジウォーター率いるレイモンド・ダリオさんは、相場で最も大切なことは「メンタルな部分」とお話されています。休日には釣りや狩りを楽しんだり、平日でもリラックスする時間を必ず取られるようです。

レイモンド・ダリオさんと私では月とスッポン。比較することさえ失礼なことですが、実は私も同じ考えです。私の場合狩りはできませんけど、休日は釣りやキャンプに出掛けますし子供の学校行事とか地域の行事には草むしりから何から全て参加しています。平日のリラクゼーションは電気を消したお風呂でアロマといった感じ。そうやって気持ちを落ち着かせたり気分転換することで、とても新鮮な気持ちで投資に取り組むことができるのです。メンタルな部分は投資判断に大きく影響すると思っています。

あと、株式投資は義理人情無く「お金!お金!お金!」のところがありますから、そんなことだけ続けていると人格がおかしくなってくるかもしれません。そんなことにならない為にも、休日には趣味などを通してお金とは無縁の人達となるだけ多く付き合うことが大切だと思っています。

素人投資家の挑戦へ戻る
【メンタルケア】
TOP TRADERへの道
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦