【揉み合い下放れ】
相場解説に出てくる用語
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
揉み合いで形成された下値抵抗を突破することを 「揉み合い下放れ」 といいます。




2360円から2410円の間で長く揉み合いますが、下値抵抗になっていた2360円を下抜けると大きな下落になりました。
揉み合っている時に買いが吸収された為、下値抵抗突破後の下落に弾みがついています。

但し、これは結果論です。
逆のパターンで 「揉み合い上放れ」 というものがあります。

揉み合っている時に売りが吸収されたのか、買いが吸収されたのかは分かりません。
よって、揉み合いから放れてみて判断することになります。

経験則では、揉み合い期間が長ければ長いほど「放れた後の値幅」が大きくなる傾向にあります。

素人投資家の挑戦へ戻る