プロの年間成績を目指すのではなく、プロでもこれだけの運用成績だと認識しておくことが大切です。「数ヶ月で資産数倍」「短期で資産急増」といった類のお話をよく見聞きしますが、まず同じことはできないと考えておきましょう。
地道にコツコツと利益を積み重ねれば、実際のところ数年で数倍になっている可能性はあるかもしれませんが、それでも数年です。短期で急増する投資法は極めて危険だと考えておきましょう。

次に紹介するチャートは、米国株のチャートです。(世界のプロが運用する米国株を取り上げました)
100年に1度の金融危機といわれた08年の大暴落と、その後に劇的な回復を見せた09年10月までを示したものになります。(この項目を書いている時は10月です)



08年の下落率は30%を超え、ヘッジファンドの平均的な運用成績はマイナス19.2%となり過去最悪の結果になっています。
そして09年の上昇率は約25%。ヘッジファンドの平均は1−9月期でプラス17%になりました。10月現在では、今年は20%前後になるという予想です。


このように、1年間で相場が25%程度も急上昇するという好条件でも、プロは20%前後の運用成績なのです。それなのに、個人投資家が短期で資産を倍増・急増できるわけがありません。100万円の運用資産なら1年後は120万円という計算になり、1ヵ月に2万円前後のプラスといったところでしょうか。しかし、これはあくまでもプロの運用成績。プロの半分が得られたとして1年間で10万円の利益です。1千万円の運用資産なら100万円。

「たったこれだけしか利益が出ないのか」と思われるかもしれませんが、その通り「たったこれだけ」なのです。だから資産形成になるのです。短期で資産を膨れ上がらせるものは博打であり資産形成にはなりません。

目先の利益に捉われることなく、地道にコツコツと増やす努力を忘れないようにしましょう。

素人投資家の挑戦へ戻る
【プロの年間運用成績を意識】
TOP TRADERへの道
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦