私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
【か】
「買い気配」 かいけはい
買いの注文に対し、これに見合う売りの注文がなく値がつかないこと。

「株価指数」 かぶかしすう
統一的な株価指数が継続的に使用されており、時間的推移を把握できるようにしたもの。日経平均株価やTOPIXなどがあてはまる。

「株式分割」 かぶしきぶんかつ
1株をいくつかに分割し発行済みの株式数をふやすこと。

「株式持合い」 かぶしきもちあい
協力関係にある企業の間で、お互いに株式を保有すること。

「下方修正」 かほうしゅうせい
企業業績について、それまで予想されていた数値より悪い状況になってきたこと。

「空売り」 からうり
株券をもたず、または持っていても、それを売らずに他から借りて売ること。

「監理ポスト」 かんりポスト
上場廃止となる恐れがある会社を一般投資家に周知徹底させる為、専用の取引ポストにおいて売買取引をさせられる。このポストのことをさす。

【き】
「機関投資家」 きかんとうしか
投資顧問会社、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、年金信託、投資信託会社が主なグループ

「希薄化」 きはくか
増資や新株予約権の行使などによる新株発行によって、発行済株式総数が増加し一株当たり当期純利益などの減少をもたらすこと。

「逆張り」 ぎゃくばり
相場が悪いときに買う。または相場が良いときに売ること。

「キャピタルゲイン」
価格の変動に伴って生じる売買差益のこと。

「急騰」 きゅうとう
相場が急上昇していること。

【く】
「グロース投資」
企業の利益成長に主眼をおいて投資する方法。成長株投資のこと。

「クロス投資」
一つの証券会社が、同一銘柄について同量の売り注文と買い注文を出して商いを成立させる取引。

【け】
「景気循環株」 けいきじゅんかんかぶ
紙パルプ、化学、鉄鋼などの素材産業や工作機械メーカーなどの設備投資関連銘柄をさす。

「気配」 けはい
取引において売買の目安になる値段。

「減資」 げんし
企業が株式の額面金額や、発行株式数を減少させることなどで資本金を減らすこと。

「現物」 げんぶつ
実際に受け渡しができる株式などのこと。

【こ】
「公開買い付け」 こうかいかいつけ
不特定かつ多数の人に対して、公告により会社の経営権の取得等を目的として、株券等の買い付けの申し込み、または売りつけの申し込みの勧誘をおこない市場外で取引すること。

「後場」 ごば
午後の取引時間のこと。


素人投資家の挑戦へ戻る
証券用語