【ヘッジファンドの運用資産】
読み物
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦

素人投資家の挑戦へ戻る
「ヘッジファンドとは」
良く聞く名前ですが、投資家から資金を集めて運用する機関投資家(個人ではなく、企業体で投資を行っている大口の投資家)です。資金を集めて運用するという意味では投資信託と似ていますが、投資対象および投資手法が規制されていたり情報開示が義務付けられている投資信託とは違い、ヘッジファンドはこのような規制を受けずに自由な運用が可能です。また、投資信託は空売りできませんが、ヘッジファンドは空売りすることもできます。

相場が急落したり急落が続いたりすると「ヘッジファンドによる売り」。逆に上昇すると「ヘッジファンドによる買い戻し」などと指摘されることもあるのですが、それほど大きな力を持っているのです。

「ヘッジファンドの運用資産」 2009年10月度
 1位、ブリッジウォーター・アソシエイツ 運用額3兆8600億円
 2位、JPモルガン・アセットマネジメント 3兆2893億円
 3位、ポールソン&カンパニー 2兆9000億円
 4位、D.E.ショウ&カンパニー 2兆8600億円
 5位、ブレヴァン・ハワード・アセットマネジメント 2兆6840億円
 6位、マン・インベストメンツ 2兆4400億円
 7位、オフ・ジフ・CMG 2兆2100億円
 8位、ソロス・ファンド・マネジメント 2兆1000億円
 9位、ゴールドマン・サックス・アセットマネジメント 2兆585億円
10位、ファラロン・CM 2兆円