読み物
09年10月、100年に1度と言われる経済危機の影響から生活保護世帯が急増している現状が新聞で大きく取り上げられていました。

09年10月
厚生労働省の社会福祉行政業務報告によると、2008年度の生活保護受給世帯が114万8766世帯に上ったようです。07年度より4万3491世帯増加。生活保護を受けた実人数は月平均159万2620人で、前年から4万9299人の増加。

(世帯類型別)
・65歳未満の失業者「その他に分類」が9.2%増加し、最も大きな増加率になっています。
雇用環境の悪化を受け、派遣切りなどによる失業者の急増が大きく影響しているとのこと。
・高齢者世帯が5.3%増加して52万3840世帯。
・世帯主が障害者・傷病者の世帯が1.5%増加して40万7095世帯。

失業者の増加・・・私も過去に職を失ったことがあり、当時の辛さは今でもハッキリ覚えています。
当時、一人暮らしをしていたので(仕送りは一切ありません)、家賃と公共料金と食費だけをなんとかするつもりで職探しをしました。当時の気持ちは「住む所と食べることさえできれば死なない。死ななければ、いつかどこかで良いことがあるはず。こんな辛いことがいつまでも続くはずはない。」でした。

最優先させたのは「職を選ばず何でもやる」という気持ちでした。そういう気持ちで職探しをすると他人が好まない仕事は多くありました。でも、他人が好まない理由はそれなりにあって(表現方法は少し乱暴になりますが)「キツイ」「給料が安い」「汚い」でした。でも、遊ぶお金がなくても上記した3つがクリアできれば良いと考え就職。遊ぶお金は一切無し、誰かに誘われても正直に「お金がないので無理」と笑いながらお断り。時におごってもらってごちそうさま。お返しはできませんでした。
お金は無いけど真面目にコツコツと仕事を続けるうちに・・・・上司から認めてもらえ少しずつ役職が上がると同時に給料も少しずつ増え、ちょっとした外食(1000円位)もできるようになっていきました。それまでの食生活は・・・朝は無し、昼はパンとコーヒー(300円)又は無し、夜はカップラーメン(150円)だけか、おにぎり3つ(300円)くらいでした。1日の食費は贅沢した時で1000円、普段は500円位でした。もちろんすぐに役職が上がったわけではないので、こんな食生活が数年続きました。

当時の状況と今とは違う(今の方がもっともっと厳しい)かもしれませんが、若ければなんとかなるものではないでしょうか。でも、高齢者や障害を持たれていらっしゃる方には限界があるはず。また、私が育った母子家庭という環境も限界があります。そういった努力に限界のある方々を助けられる仕組み作りが必要だと思います。

素人投資家の挑戦へ戻る
【私が失業で苦しんだ時代】
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦