09年10月2日の「素人投資家の株日記」より抜粋

含み損の少なさに比例して心理的な余裕は増しますので、下げ相場では「どこから投資をスタートさせるか」が重要になってきます。

(当時の日経平均)


大きな下げになっていますが、どこから投資をスタートさせているかで「余裕の度合い」が違ってくると思います。底値付近を捉え続けることは不可能、(そんなことを続けられる人は世界一のお金持ちなっているはず)なので必ず損失は被るものですが、大切なのはいかに安いところからスタートさせるかだと思っています。安ければ安いほど保有株の下げ幅は少なくて済みますし、損失の少なさから余裕の度合いも比例して高くなります。

直近高値となる10600円でスタートさせていれば、900円も下げていますので1割減を損切りラインとすれば今の時点で多めの損切りと多めの含み損、そして心理的な余裕も少なくなっているかもしれません。

揉み合いの下値になっていた10200円でスタートさせていれば、500円の下げ幅なので損切りする数は激減するでしょうし含み損もほどほどなので心理的な余裕も十分あるかもしれません。

1万円付近でスタートさせていれば、300ほどしか下げていませんのでよほどの悪材料が飛び出さない限り損切りはないと思いますし、含み損も少ない状態なので心理的な余裕は十分だと思います。

本日からスタートなら言うまでもなく、これからです。更に相場が下げることを想定し、実際に下げてからスタートさせるなら今までの急落は何とも思わないでしょう。

このように、含み損の少なさに比例して心理的な余裕は増しますので、相場は荒れても自分の投資は荒れないように慎重な姿勢で取り組み続けることが大切だと思っています.

素人投資家の挑戦へ戻る
【どこから投資をスタートさせるか】
TOP TRADERへの道
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦