素人投資家の挑戦へ戻る
企業の好業績や経済指標の改善には、必ずといってよいほど「懸念されるところ」が指摘されます。いわゆる慎重論です。

(少し乱暴な書き方になりますが)
投資家は、株が騰がる前に買って下がる前に売らなければ利益を出すことができません。それなのに、上記しました慎重論を重んじていればいつまでたっても様子見で買えない状態が続いてしまいます。

改善を示せば素直にその流れへ乗り、実際に不安材料が出始めた時に流れから降りれば良いのです。

【慎重論は無視】
TOP TRADERへの道
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦