強かった相場では強気コメントが目立ち、逆に弱い相場だと今度は弱気コメントが目立ってきます。これは、現状を解説されているのであり間違いはないのですが、聞き方を間違えると影響を受けかねませんので少し注意が必要です。

投資経験の浅かった頃の私は、市場関係者のコメントに一喜一憂しながら売買していました。
強気のコメントで買い付ける = 高値掴み ⇒ その後の下落で含み損
弱気のコメントで損切り = 安値 ⇒ その後の上昇で悔しい思い
こんな失敗を数え切れないほど繰り返してきました。

繰り返しになりますが、市場関係者のコメントが悪いわけではありません。勝手に影響を受けているこちらの責任(株はどんなことがあっても自己責任)なのですが、影響を受けた売買は損失を拡大させる一つの要因になっていました。

チャートをご覧下さいませ。
赤い○で囲んだところが弱気コメントが目立ってくるところ。
青い○で囲んだところが強気コメントが目立ってくるところ。


相場が上昇を続けると 「 もっと騰がりそう 」
相場が下落を続けると 「 もっと下がりそう 」
これが普通の心理です。そこへ、経験をたくさん積んでいらっしゃる市場関係者のコメントして 「 もっと騰がりそう 」 「 もっと下がりそう 」 と煽られてしまうと(正確には煽られていません)強気になって買い付けたり、弱気になって損切りしたりしてしまうのです。ここに空売りが加われば、買えば下がって空売りすれば騰がるという往復ビンタになってしまいます。

コメントの聞き方、読み方には注意することが大切です。

素人投資家の挑戦へ戻る
【市場関係者のコメントに振り回される】
失敗トレード
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦