読み物
【「当然のこと」は相場に影響無し】
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
2008年後半から09年にかけて起こった100年に1度といわれる金融危機。
そんな中、巨額の公的資金を受けたAIGが幹部に対して巨額のボーナスを支払いました。
この行為に政府は激怒し、課税で取り戻すなど大騒動に発展。

政府がとった行動に対して金融関係者は「相応の対価が支払われなければ有能な人材の流出につながり、企業にとって大きなマイナスになる。」と意見されました。実際、ゴールドマンサックスやバンク・オブアメリカはすぐにでも公的資金を返済すると伝えられているのですが、これは返済できるまでに業績が回復していると好感できる一方で、ボーナスの支払い等において政府から関与されるのを回避する狙いも見え隠れしていました。

業界サイドに立てば苦しい面もあると思うのですが、国民の税金で救われた企業が巨額のボーナスを支払うことに納得する人はいません。ある上院議員は日本人を例にあげて、「 ボーナスを受け取った幹部は自殺をするべきだ 」 と過激な発言をされていましたが、まさにそれが普通の感情ではないでしょうか。

このように、「当然のこと」で有能な人材がいなくなろうと、株が売られる要因になろうとも相場への影響はごく小さなものに留まり早い時期に回復するのが経験則。
相場は上手い具合になっているのです。

素人投資家の挑戦へ戻る