読み物
【株式投資で本性を見抜く】
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
08年後半から09年にかけて、100年に1度といわれる大暴落が起きました。

当時、私の知り合いからよく聞かれました。「株、大変やね。」「大損したのと違う?」って。
本気で心配してくれる人もいますが、目が嬉しそうな人もいます。「 他人の不幸は蜜の味 」「 目は口ほどにものを言う 」 とはこのことですね。

聞かれると、私は言います。
「勝っていますよ。株は騰がる時に上下するのと同じで下がる時も上下するから、ずっと持ち続けていると損をするけど下げた時に買って高くなった時に売れば勝てるんです」こんなふうに言います。あと「下がることが分かっていれば空売りし、下げたとこで買い戻せば利益が出るんです。だから、株式相場は景気に大きく左右されるけど、投資は景気に左右されないんですよ」って。

すると、本気で心配してくれていた人は 「 良かった〜 」 といった感じでホッとしてくれるのですが、損していることを期待していた人は目をそむけて残念そうな?独特のリアクションに。株が大きく下げたことで、知人の本心が見えた気がしました。

他人の儲けは気に入らない。他人が損をすると喜ぶ。そんな人は、相場が上昇している時は何も言われないのですが下げてくると聞いてこられるんですよね。

素人投資家の挑戦へ戻る