読み物
当時、「米富裕層の資産、金融危機で30%減」
このようなニュースが報じられていました。

しかし、私の資産は増。
とはいっても、大きく増えたわけではありません。
私は運用資産に対して少額分散投資をしている為、大損しにくいかわりに大儲けすることもありません。微増が続きます。
(このような投資法でも大きな利益は出せると思いますが、恥ずかしながら私は早く利益確定する為に大儲けすることがありません。)

「運用資産に対して少額分散投資」
「負けても楽しめるような少額投資」

投資で少し悩んでおられる方は、私が実践しているこの2つの投資法を取り入れてみられてはどうでしょうか。
投資は銘柄の分析や相場の雰囲気を感じ取ることも大切だと思っていますが、「心理戦」という側面もありますので、冷静な気持ちで進めることができる少額投資は大きな武器になると思います。また、少額投資は大きな損失を被る可能性が低くなりますので、長く投資を続けることができます。長く投資を続ければ経験から得たデータを数多く手にすることができますので、少しずつ確実に上達されるのではないでしょうか。

このように偉そうな書き方をしていますが、昔の私は全くできていませんでした。
大儲けを考えて「運用資産に対して大きく投資」「絶対に負けてはならない大きな投資」これを繰り返した結果、最後には大損。一時は投資を止めていた時期もありました。
騰がっても下がっても カーーーッと頭が熱くなり、株価以上に気持ちは乱高下。熱が冷めたころ、過去の売買を見ると「なぜこんなに高いところで買ったのだろう」「なぜこんなに安いところで売ったのだろう」こんなことが日常茶飯事でした。

大負けする度に、気分は滅入り食欲がなくなります。ひどい時には食べても味がしないのです。夜は米国株が気になって眠れず、寝不足続き。休みの日でも、のんびりするどころか相場がないことで逆にストレスを感じてしまう・・・毎日が損損損で仕事も手に付かず大変でした。あの頃が私の最悪期だったかもしれません。
しかし、少額投資で冷静さが保てるようになった頃から、まるでウソのように勝率が高くなっていきました。少額投資なので1回の勝ちで大きな利益は望めませんが、勝率が高いので結果は「塵も積もれば山となる」で運用資産は増え続けているのです。

素人投資家の挑戦へ戻る
【100年に1度の大暴落でも、私の運用資産は増加】
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦