【プロスペクト理論】
さまざまな投資方法
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
プロスペクト理論とは、リスクを伴う選択肢の間でどのように意思決定をするのか?これを心理学から、1979年にダニエル・カーネマン(2002年にノーベル経済学賞を受賞)とエイモス・トベルスキーが理論として展開しました。

この理論を株式投資に当てはめると

質問@
A、確実に100万円がもらえる。
B、50%の確率で200万円もらえるが、50%の確率でゼロ。

質問A
A、確実に100万円損する。
B、50%の確率で200万円損するが、50%の確率で損失なし。

この場合、ほとんどの人が質問@はAで質問AはBと答えます。
「利益はリスクを冒さず得ようとするのに対し、損失はリスクを冒して回避しようとする。」

これがプロスペクト理論です。


これを実際の投資行動に当てはめると
・買値より少し騰がると下がる前に売ってしまう心理が働き、少しの上昇で確定。
・買値より下がると戻る可能性に期待して損切りしない。

利益は少しで損は拡大し続ける可能性がある・・・これはとても危険な行動ですが、ほとんどの投資家はこのようになってしまうのです。

理想的な答え
質問@と質問Aの答えは、両方Bを選ぶこと。
リスクを冒さず利益確定するのと同じように、リスクを冒さず損失を確定させてしまうこと。
これが重要です。

素人投資家の挑戦へ戻る