私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
誰もが底だと考えて買い付け、誰もが天井だと考えて売ります。
しかし、当たらないことがほとんどです。

投資に絶対はありませんので、必ず分散投資をして下さい。

具体的には3つの方法があります。
@同じ業種ばかりを買い付けるのではなく、違う業種も買い付ける。
A同じ時に多くを買い付けるのではなく、日をずらして買い付ける。
B同じ銘柄を2回に分けて売買する。

@について
業種を分けて買い付けることで、片方の業種が悪くなっても別の業種で補える場合が多くあります。例えば、円高で推移している時などは円高で悪い影響を受ける輸出関連が見送られ、影響を受けにくい内需関連が買われます。しかし、為替が円安方向へ向かえば内需関連から輸出関連へ資金が移動しますので逆の流れになってしまいます。そんな時に、片方へ資金を偏らせていれば大きな損失になってしまうかもしれません。
そんな時でも、「輸出」「内需」と分けて投資をしていればリスクを減らすことができます。

これはほんの一例であり、内需といっても「電気・ガス」「食品」など数多くの業種がありますので、それらを相場環境に合わせて理想的な保有にしていくことが大切です。

Aについて
底だと思って買い付けてもズルズル下落し続けることは良くありますが、そんな時でも日をずらして買い付けていれば底値にはならなくても平均値を取ることができます。
例えば、10日に500円で1000株を買い付けるも下がり続けて20日には475円になってしまった場合、損失額は25000円になります。しかし、10日に500円で500株を買い付け20日の475円で500株を買い付けていれば、平均単価は488円になりますので損失額は13000円で済みます。このように日をずらして買い付ければリスクを軽減させることができますし、後で買い付ける金額が多くなるようにすればもっとリスクを減らすことが可能です。

他に、1つの業種を2銘柄に分けて(日をずらして)投資することも同じ効果があります。

Bについて
Aの投資方法と同じ効果があります。

分散投資はピラミッド型が理想的です。
具体的には、1銘柄 ⇒ 2銘柄 ⇒ 3銘柄 ⇒ 4銘柄 ⇒ 5銘柄 こんな感じ。
下がれば下がるほど投資金額が増える。下がれば下がるほど保有株が増える。これが理想的な形になります。
始めは少なく後を多めにすれば下げた時でも始めの損を補えるのですが、これが逆だと始めの投資で大きな損失を被りますので、後の買い付けでは補うことができなくなってしまうのです。

初期段階で相場が上昇すれば保有株が少ない為に利益も少なくなってしまいますが、投資は大損する覚悟で大きな利益を狙うのではなく、小さな利益で負けないことを目指す方が安全で確実に(少しずつです)運用資金を増やすことができます。

素人投資家の挑戦へ戻る
【 心得そのB 分散投資を心がけましょう 】
投資の心得