仮に50万円の運用資産の場合、こっちの銘柄には10万円であっちの銘柄には20万円という投資では同じ1割上下しても損益に大きな違いが出てしまいます。
20万円を投資した銘柄が上昇すれば良いのですが、下落した場合は運用資産全体の損失を大きく膨らませることになってしまいます。また、20万円を投資した銘柄が1割下落すれば、10万円を投資した銘柄が2割の上昇もしくは2銘柄が1割の上昇にならないと損を補うことができません。

逆に言えば、20万円を投資した銘柄が上昇すれば全体の利益を大きく膨らませることになるのですが、株式投資では大きなプラスを狙うよりも大きなマイナスにならない方法を取ることが大切です。


大きなプラスを狙うということは、それだけリスクが大きくなることでもあります。
とくに投資経験の浅い方は、このミスを犯してしまいがちなので十分に注意して下さい。
大きなプラスを狙ったばかりに大損。そのショックで早期に投資をやめてしまわれるお話は後を絶ちません。これが「個人投資家は短命である」と言われる所以です。


1銘柄に10万円を分散投資。何度か売買して10勝4敗となり6000円の利益。
これだと、勝率と利益が比例していますので効率はとても良くなりますし、リスク管理のうえでも良い投資法だと言えるでしょう。

【 心得そのC 投資金額は一定に 】
投資の心得
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦