All About(オールアバウト)で紹介されました
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
11年10月 All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー「投資」にて
紹介して下さったのは藤村 哲也(ふじむら てつや)様

藤村様のことは、大変失礼ながら全く存じ上げていませんでした。ある方から紹介されていることを知らせてもらい今回の事を知ったのですが、私のような個人投資家を取り上げていただきとてもありがたく思っています。

藤村 哲也様
All About(オールアバウト)プロフィールより引用
中国株、日本株による資産運用アドバイザー。ライジングブル投資顧問株式会社代表取締役。元UFJつばさ証券投資情報部部長代理。低金利の時代の今、株による財産形成(投資)を幅広く勧めている。

紹介内容
All About(オールアバウト)より引用

---------------------------------------------------
利益を上げている個人投資家やファンドはどんなもの?
株式投資で利益を上げていくために一番重要な要素は次の三点です。実際に利益を上げている個人投資家やファンドも例外ではありません。「何」を購入するのか?「いつ」購入するのか?「いつ」売却するのか?この3点セットが重要です。三つのセットが揃わないと実際の利益は大きく異なっていきます。ぜひ、この3つをそろえることをお奨めします。

株式投資で利益を上げていくために一番重要な要素は次の三点です。
実際に利益を上げている個人投資家やファンドも例外ではありません。

1.「何」を購入するのか?
日本株3500銘柄の中から何が一番良いのかを決めることです。

2.「いつ」購入するのか?
1年前の選択と今の選択は全く違います。同じ銘柄であっても「いつ」購入するのかによって大きな違いが生まれます。「今」に合った「銘柄」を購入することが必須の条件です。

3.「いつ」売却するのか?
大きく取れる時は大きく利益をとることが重要です。10%の利益の積み上げではいつまでたっても「株による財産形成」は出来ません。やたらに動くよりも重要局面での売買が鍵を握ります。

本当に当たり前のことのように見えますが、一つ一つの意味は深いのです。
銘柄の選定から売却まで、あらゆる情報を加味することで、投資判断の精度が上がってゆくのです。

☆具体的な判断材料

1.全体相場感(全体的な相場がどっちに向くのか?)
2.経済動向(金利、為替など)
3.企業業績(個別企業の業績動向)
4.需給動向(増資や推奨動向)
5.テクニカル面(過熱感など)

⇒必要とされる情報

マクロ情報:世界経済の動向、政治動向、欧米金融機関の投資行動など
業界情報:競合分析、業界環境情報、法規制など
企業情報:決算情報、説明会情報、アナリスト情報、取材情報など
株価情報:チャート、RSIなどテクニカル指標、需給情報など

好パフォーマンスの個人投資家、ファンド紹介
☆素人投資家の株日記
http://3masa.blog76.fc2.com/


---------------------------------------------------
ここまで。

無名ともいえる私のような個人投資家を、このようにご紹介いただきありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

また、紹介されていることを教えて下さったE..Y様にもお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

素人投資家の挑戦へ戻る