このチャートは日本を代表する銘柄であり、知らない人はいません。

「よく使っている」「よく知っている」「よく聞く」会社でも株価はご覧のとおり、右肩上がりになるものではなく必ず大きな上下を繰り返します。





赤い丸で囲まれたところを買い付けてしまうと、早々に含み損となってしまいます。

「よく使っている」「よく知っている」「よく聞く」会社は、愛着が出てきて上昇も続きそうな感覚を持ってしまいがちですが、安いところで買って高いところで売り抜けようと待ち構えている投資家がいることを忘れてはいけません。

愛着で買い付けるのは製品に留め、投資対象にする場合には厳しい目を持つことが大切です。

【 心得そのD 時を買う 】
投資の心得
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦