素人投資家   の挑戦
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
投資を始めるにあたって
【目指せランチ代】

株式投資は何百万円、何千万円、何億円を売買するお金持ちがやるもの・・・今でもそのようなイメージを持っている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今は全く違います。
単元株なら100株統一。単元未満株だと1株から売買できます。後者だと1株数千円で売買できますから、5万円あれば10銘柄ほど買えるという嬉しい悩みを抱えることに。

有り余るお金を持っていらっしゃるかもしれませんが、安易に売買して大金を失うより、まずは「目指せランチ代」です。格好をつけ500万円投資して50万円失うよりも、5000円投資して500円の利益を得る方が1000倍良いです。

1000円稼ごうと思えば1時間働かなくてはなりません。数千円ともなれば日当に値するかもしれないほどの金額なのに、なぜか目指せ数万円になってしまうのが株式投資の怖いところ。

大金の売買ばかり注目されがちな株式市場ですが、ランチ代をコツコツと得ていらっしゃる投資家の方が私は気になります。

500円から1000円の利益を出しながら、負けより勝ちが多くなれば少しずつ投資額を増やしていきましょう。

どのような習い事でも、まずは基礎から。そして練習を繰り返して少しずつ上達するものです。でも、株式投資は自己判断で簡単に売買できることから「早く利益を得たい、早く大儲けしたい」そのような欲が先走ると最初から大金を投じてしまう場合が少なくありません。その結果、経験不足が招く失敗で大損、最悪の場合は株式投資を続けられなくなってしまう・・・このパターンがとても多いのです。

まずは利益よりも「目指せランチ代」で経験を積むことが大切。
株式相場は日々変化するので、半年や1年で強くなるのは難しいです。一時的に勝つことができても、相場環境が変化すれば突然勝てなくなるのも多いパターンです。そんなことにならないよう、十分に経験を積んでから「余裕資金の範囲内」で少しずつ投資額を増やす方が安全です。

素人投資家の挑戦へ戻る