【は】
「配当」 はいとう
株式を発行した企業は利益を上げると株主に分配する。その分配された利益のこと。

「始値」 はじめね
その日最初に取引された値段。寄り付き値ともいう。

「バスケット買い」
多数の銘柄をまとめて、一つの商品とみなし売買する取引。一般的に15銘柄以上かつ1億円以上の大口取引で行われる。

「発行価格」 
企業が株式を発行する場合に、投資家が株式の引受人に対して払い込む一株あたりの金額のこと。

「初値」 はつね
証券取引所に新規上場した銘柄についた最初の値段。

「バリュー投資」
企業の利益や資産を基準にし、割安なものに投資する方法。PERやPBRの低いものや、配当利回りの高いものなどが代表的な選択基準。

「半値押し」 はんねおし
相場は上昇した後、上昇分に対して3分の1、2分の1、3分の2あたりに値下がりするという経験則のこと。

「反発、反落」 はんぱつ、はんらく
下げ基調にあった相場が、急に高くなることをさす。

【ひ】
「日足」 ひあし
株価の動きを1日単位で表示したもの。いわゆるローソク足のこと。

「ヒゲ」
ローソク足の太線部分を実体、その上下から出た線をヒゲという。

「引け値」 ひけね
取引時間中についた最後の値段。

「日計り商い」 ひばかりあきない
同一の取引者が1日のうちに同一銘柄で売買すること。

「日歩」 ひぶ
利率の表示方法。元金に対し、1日あたりで表示される利益額のこと。

「評価損益」 ひょうかそんえき
保有している株を時価で評価した損益のこと。

【ふ】
「ファンド」
投資家から集めた資金を運用する委託会社のこと。

「ファンドマネージャー」
金融資産を運用する専門家のこと。

「復配」 ふくはい
無配であった企業が、配当を再開すること。

「含み損益」 ふくみそんえき
株式を取得した価格と、時価を比較した損益のこと。

「負債」 ふさい
決算時などの一時点において、企業が債権者に対し、一定の債務や義務を提供しなければいけないもの。

「ブックビルディング方式」
証券会社が、新規公開予定の発行価格を決定する方式のこと。

「浮動株」 ふどうかぶ
安定的に保有されている株式ではなく、常に市場で売買されている株式のこと。

「分散投資」 ぶんさんとうし
投資対象を分散したり、投資期間を長期化すること。

「分配金」 ぶんぱいきん
ファンドが生み出した収益を、決算ごとに投資家に分配することをいう。

【へ】
「ヘッジファンド」
ジョージ・ソロスが率いるファンドが有名。ヘッジ=リスク回避といった意味のファンド

「ベンチマーク」
運用の世界において、その運用実績を測定し評価するための基準になるもの。

【ほ】
「ポートフォリオ」
投資家が保有している金融資産の集合体をさす。

「暴騰、暴落」 ぼうとう、ぼうらく
相場の急速な上下をさす。

「ボックス相場」
箱の中に閉じ込められたように、一定の価格帯で上下してる相場状況をさす。

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
証券用語