私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
はじめに
【投資スタイル】
損切りについて
1割減で損切りです。私に塩漬けという言葉はありません。
但し、相場環境および保有銘柄に危険を感じた場合は、1割り減にならずとも即座に損切りします。
基本的な投資スタイル
段階的な分散投資。分散投資後も十分な余力を残しておくことが基本。
買い付ける場合、銘柄によって投資金額を変更することはありません。どのような場合でも投資金額は一定に保つことを心がけております。1回負けても1回勝てばゼロ。これが大切です。銘柄によって投資額を変えた場合、1回負けても2回勝たなければゼロにならないという危険があります。その逆で、1回勝てば2回負けてもゼロということにもなるのですが、ただでさえハイリスクな株式投資。更にリスクを犯す必要はないでしょう。
「1割減で損切りしても、1割の上昇でゼロになる」これはとても大切なことだと思っています。

常に十分な余力を残しておくことで、相場の上下に気持ちが振られることはなくなります。
上がれば喜び、下がれば買いチャンス到来と喜びます。
楽して勝つのではなく「たのしんで勝つ」を実践。

下落した時のナンピン、上昇した時の買い増し。一切しません。
1銘柄に1回の勝負で、勝ち負けを確定させます。
銘柄の分析方法
テクニカルを含めた相場環境を大切に考えています。
よく、私の買い付けた銘柄のテクニカル基準が分からないというご質問を頂きますが、それは私がテクニカル基準だけで買い付けていないからです。
個人投資家が1年間に7%も勝てていないというのが株式相場の現状。皆が使用するテクニカル分析で勝てるのであれば、もっと勝率は高くなっているはずです。テクニカル分析で勝ち続けられるほど投資の世界は甘くありません。
どれだけ難解なテクニカル分析を駆使しようと、どれだけ高額なテクニカル分析を購入しようとも、勝ち続けることができないことがそれを証明しています。
テクニカル分析以外の部分・・・それが大切だと思っております。
攻撃と防御について
攻撃 3  防御 7 の割合です。
主に防御にウエイトを置いた投資を行います。
買い付けていれば上昇したというのは結果論。
危険を回避する為に買い付けていなかったのだから、悔やむことはありません。
相場は毎日続きます。慌てることはありません。次のチャンスを待てば良いだけの事。

ボクシングに例えれば、ガードでしっかりパンチを防ぎ、ここぞというところでパンチを出す感じです。
常にパンチを出していれば、必ず防御が甘くなります。両者ボロボロになればまだマシです。相手はプロが集まる相場の世界。恐ろしい力と数のパンチを浴びることになり、こちらがノックダウンさせられるでしょう。
防御はとても大切だと考えています。
投資情報について
複雑なことは一切考えません。単純に相場を考えて流れに乗るという感じです。
但し、「単純=大切な部分」です。大切な部分意外は参考にしません。
市場関係者、コメンテーター、他、誰の話すことも「大切な部分」意外は一切信用しません。「わが道を行く」です。
相場について、難解な言葉を並べて複雑に話すことは誰でもできることです。大切な事は「話している本人が結果を出せているのか?」という部分だと思っています。「口だけ偉そう」は少し嫌いなタイプです。
投資歴
およそ10年です。
およそという部分・・・投資経験の浅かった頃に大きな損失を出して「一時休戦状態」になったり、塩漬けを大量に作って株価を見るのが嫌になったり、そんな期間がどれだけあったかハッキリと覚えていない為です。
1銘柄に対する運用額
1銘柄に数百万円です。投資を始めたころは1銘柄に数万円でした。それが単純計算で100倍になったことになります。
運用資産
1銘柄に数百万円を分散投資が基本スタイル。分散投資後も十分な余力を持ち続けることが私の考えなので、その辺りから推測して下さい。

「素人投資家の挑戦」へ戻る