誰も知らない情報を先に知れば、騰がる前に買えると考えました。
ネットの中をウロウロすると、努力の甲斐あってか「絶対に騰がる情報」が見つかりました。
それを信用して買い付けるも、株価は下がるばかり
もう一度「絶対に騰がる情報」を確認しようと書き込んであったところへ行くと、内容は削除されていました。


騰がる前に買いたい気持ちが、情報探しにつながります。
まともな情報を分析し、自分の投資へ役立てることは大切です。しかし、誰も知らないような情報を見つけようとすれば、ガセネタをつかまされる場合があります。

ガセネタを流すことを「風説の流布」と言います。
証券取引法で禁じられており見つかると罰せられるのですが、横行しているのが現状です。

掲示板で良くあるパターンですが、自分が買った後(空売りした後)で、自分が有利になるような情報を書き込む人がいます。このような情報を信用して売買すると、いつまでたっても上達しないだけではなく損を膨らませる結果になりかねません。

「誰も知らない情報はない」
と考えておきましょう。

そんな危険を冒さなくても、誰もが知っている情報で勝つことはできます。

素人投資家の挑戦へ戻る
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
失敗トレード
【ガセネタをつかんでしまう】