「この水準になれば買おう」
そう考えてはいたものの、現在の株価から6%も下げた水準なので普通は本気で狙うというよりも、監視銘柄に加える程度です。ところが、取引時間中に6%も下落してきました。日経平均を見ると、前日値と変わらない水準で推移。

「相場が崩れていないのに、自分の狙う銘柄だけが下げてきた。これは神のお告げ?」
「棚から牡丹餅とはまさにこのこと。」
そう考えて約定させると、その後も下げ続けて結局10%下落。そして次の日は、なんとストップ安。結局、大損することになってしまいました。理由は業績悪化につながる悪材料でした。


相場が崩れていないのに、ある特定の銘柄だけが急落した時は下げている理由を調べましょう。
各証券会社が提供しているニュース(銘柄を入力すると、それに関連するニュースが表示される)を見ればすぐお分かりになられると思います。
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
失敗トレード
【下げた理由を調べず大損】

素人投資家の挑戦へ戻る