【さ】
「裁定売り」 さいていうり
先物と現物をとらえた取引のことを裁定取引。裁定取引のうち、先物を購入し、現物を売却することを裁定売りという。

「債務超過」 さいむちょうか
債権者の負担する債務の額が、資産の額より上回っている状態。

「材料」 ざいりょう
株価に影響のある情報やニュースなど。

「先物取引」 さきものとりひき
特定の商品を対象とし、買い付け時に代金を払わず、将来の一定の期日まで代金の支払いが猶予される取引。価格の上昇を予測して買い、下落を予想して売る。

「ザラ場」
取り付きと引けの間の時間。


【し】
「地合い」 じあい
相場の状況をさす。

「下値」 したね
現在の株価以下の値段のこと。

「順張り」 じゅんばり
相場が高くなれば買い、安くなれば売ること。

「上方修正」 じょうほうしゅうせい
企業業績について、予想されていた数値より良い状況になったこと。

「新高値」 しんたかね
今までになかった最高の値段をさす。


【す】
「ストップ高、ストップ安」
1日に値が動く最大の大きさのこと。


【せ】
「成長株」 せいちょうかぶ
ある一定の基準を上回り、持続的に成長することが期待される銘柄のこと。

「整理ポスト」 せいりポスト
上場廃止が決定された銘柄を売買するところ。

「前場」 ぜんば
午前中の取引時間のこと。

「前引け」 ぜんびけ
前場終了後をさす。


【そ】
「増資」 ぞうし
企業が株式の額面金額や発行済み株式数を増加させ、資本金を増やすこと。

「増配」 ぞうはい
前期よりも配当の額が増加すること。

「底入れ」 そこいれ
相場の大底が確認され、下げ止まったことをさす。

「損切り」 そんきり
銘柄に見切りをつけ、損を覚悟で売却すること。
私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦

素人投資家の挑戦へ戻る
証券用語