(転換線)
過去9日間の高値と安値の平均値。
(基準線)
過去26日間の高値と安値の平均値。
(遅行線)
終値を26日前にさかのぼって記入。終値チャートを26日分左へ平行移動させた線。
(先行スパンA)
転換線と基準線の平均値を26日先に記入。
(先行スパンB)
過去52日間の高値と安値の平均値を26日先に記入。


これら5本の補助線をローソク足チャートに描き、判断します。

第一シグナル
転換線が基準線を上回れば買い。下回れば売りと判断します。

第二シグナル
基準線が上向けば買い。下向けば売り。

抵抗帯とは
抵抗帯とは先行スパンAと先行スパンBに挟まれた範囲を指します。別名「雲」といいます。株価が雲の上にあれば雲は下値抵抗帯となり、株価が雲の下にあれば上値抵抗帯となります。この雲の厚みが抵抗力の強弱を表します。

先行スパンAと先行スパンBがクロスする箇所は転換期とされます。


注意点
持ち合い相場ではダマシが多くなります。

素人投資家の挑戦へ戻る

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。
その私が株式投資で利益を出し続けている実録であります。
素人投資家   の挑戦
テクニカル分析
【一目均衝表】